すぐに元の場所に戻そう

使った小物を放置しない

すぐに片づけることを、意識してください。
放置していると、小物を失くしてしまいます。
ハサミやペンは特に失くしやすいので、気をつけてください。
それぞれ単価は安いものですが、失くしたからといって何回も購入していると無駄な出費が増えてしまいます。
使ったらすぐに片づけることを徹底していれば、失くすことはありません。

他の家族に、すぐ元の場所に戻すことを徹底させてください。
自分だけが意識していても、他の家族が適当に収納していたら意味がありません。
使った場所に戻すということが大切です。
同じ形のケースが複数あるので、最初は混乱するかもしれません。
しまう時に、ケースの中身を確認すると小物を入れる場所がすぐにわかるでしょう。

子供向けの収納方法

ここに収納すると子供に言い聞かせても、まだ覚えられないかもしれません。
ケースに、文房具などと名前を書くと、子どもでも理解できます。
子供が小さいうちは、工夫しなければいけません。
シールを貼る方法もおすすめです。
ネコのシールのケースは文房具、イヌのシールには衛生用品を入れると教えれば覚えやすいでしょう。

子供が収納する場所を完璧に覚えたら、シールを剥がしてください。
ケースに名前を書くと、消せなくなるので注意してください。
綺麗な状態を維持したいなら、貼って剥がせるシールを使いましょう。
子供が1人で片づけることができたら、たくさん褒めてあげてください。
褒められると子供は嬉しくなって、どんどんお片づけをしてくれます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る