収納する場所を決めよう

ケースを用意したその後の行動

同じ形のケースを用意したら、次のステップに進めます。
いきなりケースに小物を入れるのではなく、ジャンルごとに分けましょう。
ペンやハサミは文房具。薬や包帯などは衣料品に該当します。
ジャンルが混ざらないように、ケースに収納することで使いやすくなります。
さらに使いやすくするなら、使用頻度を考えてください。

毎日使っているものは、奥にあると取り出しにくいので不便です。
手前に収納することで、簡単に取り出せるでしょう。
どのくらいの頻度で使うのか、考えて場所を決めましょう。
自分が使わないものでも、他の家族が頻繁に使っている可能性があります。
家族にも意見を聞いてから、手前に置くのか奥に置いて良いのか判断してください。

小物がありすぎる場合

ケースを用意しても、小物があまりにも多かったら収納しきれない可能性があります。
その場合は、小物を減らした方が良いでしょう。
本当に必要なのか、よく考えてください。
見直すといつか使うかもしれないと思って、取っていた小物があると思います。
ですがそれは、今後も使う機会が訪れないので保管していても無駄でしょう。
使うかもしれないと思っていたものは、この機会に全部捨ててください。

小物の数が減ると、収納しやすくなります。
ケースに全て収納しても、スッキリ見えるでしょう。
もったいないと思う精神は良いですが、ゴミまで保管しないように注意してください。
定期的に、断捨離を行うと良いですね。
すると余計な小物が増える心配はありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る